ローマ発イスタンブール経由バングラデシュのダッカ行き



朝、イタリア、ローマのフィウミチーノ空港へ。
これでローマとも、お世話になったピエトロおじさんともお別れ。私達に3日間振り回され、50を越えたピエトロおじさんは大分お疲れのようでした。

この空港ではE-Gateというオートパスポートコントロールが導入されていて、EUのパスポートといくつかの国のパスポートがここを通過できるよう優遇されています。
青色のラインがEUのパスポート、黒色がアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、日本、イスラエル、台湾のパスポート、オレンジが他のすべてのパスポートを持つ人のルートです。
黒色のラインに沿って進むとパスポートの写真のページのスキャンと顔認証で簡単に通過することができました。

20190808211725356.jpg

ちゃおイタリアー。
イタリアからトルコ航空で、約2時間半のフライトでトルコのイスタンブール新空港に到着しました。

20190808211103049.jpg

2018年10月に開港したばかりのイスタンブール空港はまだ建設途中ですが、とにかくだだ広くて、空港内のシャトルも無く移動が大変です。乗り換えの搭乗口に行くまでにすっかり疲れてしまいました…

搭乗時間を待っている間に、ローマで撮った番外編の写真をのせておきましょう。

20190808204220066.jpg

バチカン美術館の彫刻、たぶんローマのコメディアンではないかと思います。所々こんなヘンな顔の彫刻がありました。

20190808204338124.jpg

同じくバチカンのヤヌスの神、内と外、過去と未来の間に立つ、新年1月を司る神。

20190808204546432.jpg

鳥に乗られる彫像。

20190808204632056.jpg

うつろな下ぶくれ顔で水を吐き出すスペイン広場の噴水。

20190808210905200.jpg

角の生えたモーセ。「光」という語を「角」と翻訳したためこういう像がいくつもできたようです。

20190808210949423.jpg

ナヴォーナ広場、ムーア人の噴水。なんか欲張って2つも口に入れてしまったんでしょうか…

そろそろ出発の時間になり搭乗口で並んでいると、トルコ航空の職員が近づいてきて搭乗券を見せてくれと言ってきます。
"?"と思っていたら、どうやらオーバーブッキングらしく、明日の同じ飛行機に乗るよう変更してくれないかとのこと。
しかも夕食のクーポン付き、今晩のホテル付き、そして幾らかの賠償金(?)をくれると言うではありませんかー!
特に急ぎではなかったので、快く承諾しました。
話には聞いていましたが、そういう事ってあるんですね。

トルコ航空のオフィスで航空券の変更をし、夕食のクーポンをもらいましたが、キングバーガーのもう決められたバーガーセットでした。夕食にハンバーガーはなあ…と思いながら、ただなのでいいっかー。

その後、出国手続きをして、トルコ航空のホテルデスクで宿泊の予約をしてもらいます。
同じくオーバーブッキングでトルコに一泊することになった人達10人ほどと一緒にイスタンブールのホテルへ。色んな手続きに時間がかかり結局ホテルの部屋に着いたのは夜の12時。

20190808211320710.jpg

次の日の朝食と昼食も付いていて、午後にはシャトルバスで空港まで送ってくれました。

オーバーブッキングの条件は良かったのですが、トルコ航空のデスク、ホテルデスク、ホテルフロントのサービスはいまいち。横にいたおじさんはみんなの心の声を代弁するかのように「ここのサービス、めっちゃ悪い!!」とムカついていました。

しかも前日に免税店で買ったお酒2本は、いくら説明しても持ち込みできず没収されてしまいました…
イスタンブールから7時間半のフライト、無事バングラデシュに到着しました。
色々あったけどずいぶんと久しぶりの旅行、有意義でとても楽しかったです!



この記事へのコメント